はんこの種類や通販で銀行印を購入する際のポイント

サインが主流になっている現在でもはんこの効力は法律で定められているほど強く、公的な書類の多くは押印が必要とされています。一方ではんこは通販で購入できるほど暮らしに身近な道具なのも事実です。長く愛用する物なので上質で使いやすいはんこを選ぶことが重要と言えるでしょう。

ここでははんこの種類や用途による違い、通販での購入方法についてお伝えします。

はんこは実印とそれ以外に大別できる

はんこは大別すると実印とそれ以外の認印があります。実印は市区町村の窓口で登録された公的なはんこです。はんことしての効力は認印と変わりませんが、実印の場合は「たしかに本人が押印した」という前提が成り立ちます。

そのため、実印は役所へ提出する書類や大きな金額を扱う取引に使われます。認印は大まかに言えば実印以外のはんこですが、このうちゴム印やシャチハタ印は認印にはなりません。認印には「印面の形が変わらないこと」という定義があるため、ゴムやスポンジなどの柔らかい素材で印面が作られているはんこはこの定義に当てはまらないのです。

また、認印は個人や法人の区別がないので、法人が持つ角印も認印として使うことは可能です。

銀行印の定義や使い方

はんこは様々な書類に使いますが、銀行などの金融機関に提出する書類も例外ではありません。融資の申し込みや口座開設など様々な理由で押印しますが、その際に使うはんこを銀行印として扱うことがあります。銀行印は金融機関に印影を届け出たはんこのことですが、銀行印として扱うのは本人確認の効率化が理由です。

同じ名前でも印影が異なればそのはんこは別物であり、持ち込んだ人も別人と見做されます。一方で銀行印はあくまでも金融機関のローカルルールの産物であり、実印のように市区町村へ届け出る物ではありません。法律上、銀行印は認印の一種として扱われます。

通販ではんこを購入するメリット

はんこは専門店で購入するのが従来の常識でしたが、近年は通販を利用する割合が増えています。通販は実店舗を持たずに物品を販売する営業形態なのでコストを低く抑えることができます。その分、販売価格が安くなるので高品質のはんこを少ない出費で購入することが可能です。

また、通販なら基本的に日時を問わず購入手続きができます。専門店のように営業時間を考慮する必要がないので、多忙な人や生活サイクルが昼夜逆転になっている人には非常に便利と言えるでしょう。既製品だけではなく特注品の製造を受け付けている業者も多いので、特殊な字体で印面を作ってもらうことも難しくありません。

量産品とは異なる、他にはない独自の字体に仕上がった安全なはんこになります。その点から実印や銀行印に用いる認印を通販で購入するメリットは大きいと言えます。

銀行印を作る際のポイント

通販で銀行印を購入するなら偽造の心配がない特注品を選ぶのが賢明です。はんこの特注を受け付けている業者なら字体を工夫してくれるので、安全な銀行印に仕上げることができます。銀行印は金融機関を相手に使う物なので、高品質なだけではなく高級感を持たせることもこだわりのポイントと言えるでしょう。

はんこの高級素材は象牙やべっ甲などが知られていますが、動物の骨や高級木材も銀行印に相応しい素材です。綺麗に仕上げることで素材が持つ高級感を最大まで引き出すことができます。素材によって固さや弾力性に違いがある他、費用もそれぞれ異なります。

使用頻度や予算に合わせて最適な銀行印を作ることが重要です。銀行印は大きな金額をやり取りする際に用いることが多いので印面には複製しにくい字体を選びます。そのため、形状が複雑な篆書体や印相体が銀行印に適しているとされています。

これらの字体は印面に彫ることも容易ではないので高度な技術力が必須です。安価なはんこはコンピューター制御された機械で印面を彫るのが普通ですが、画一的な仕上がりになるので複製は難しくありません。より安全なはんこにするなら多少は割高でも、職人が手作業で印面を彫った物を選ぶのが賢明です。

篆書体や印相体は古風で厳かな雰囲気があるのも銀行印に多用される理由の一つです。

銀行印は他のはんこと兼用しないのが無難

一本のはんこに実印と銀行印の両方の効果を持たせるケースは少なくありません。はんこが一本だけなら手間をかけずに管理ができるように思えますが、様々な場所で一本のハンコを使うのは印影が外部に漏れるリスクを増大させることにもなります。

印影からはんこを偽造するケースがあるので、はんこを安全に使うなら兼用は避けるのが正解でしょう。このような理由から、最低でも実印、銀行印、それ以外の認印と最低でも三種類は別のはんこを用意するのが安全な管理方法と言えます。

通販業者の良し悪しを見分けるポイント

はんこを通販で購入するなら特注を受け付けていることが重要な選択肢になります。印面の複製を防ぐには既製品ではない、職人による手作りのはんこを用いるのが効果的な対策です。そのため、使う側が指定する字体で印面の作成ができる業者を選ぶ必要があります。

また、費用についてははんこが安価でも送料など様々な理由で結果的に高くなってしまうケースは珍しくありません。特注品がやや割高になるのは仕方のないことですが、それ以外の理由で費用が嵩む場合は別の業者を探すのが賢明でしょう。

一方で極端に安価な業者は粗悪なはんこを作る可能性が否定できないので、金額だけで安易に即決してはいけません。数回使っただけで印面が傷んでしまうおそれがあります。字体を登録するコンピューターと印面を作る設備があればはんこの知識を持たない人でも簡単に通販業者になることができます。

日本語の知識に乏しい外国人がはんこ業者になって粗悪品を量産するケースもあるので、高品質なはんこを作るなら営業年数が長い日本の業者を選ぶように心がけます。素材や字体、汚れ防止加工など様々な要望に応えてくれる業者なら安心してはんこ作りを任せられるでしょう。

優良業者は好意的な評価が多いので、口コミサイトなどで情報を集めるのも良し悪しを見分けるポイントです。

重要な場面で使う銀行印は信頼できる業者に作ってもらうことが重要

認印の一種である銀行印は大きな金額をやり取りする際に用いることが多いので、印面の複製が難しい字体で作るのが一般的です。高級感を持たせるために希少性の高い素材で作ることもありますが、通販業者から購入する場合は字体や素材を自由に選べる所を利用するのが満足できる結果を得る条件になります。

はんこ作りの費用が割高でも高品質なら長く愛用できるので、結果的にはお得と言えるでしょう。